ヨンテンニーハチ

気がつけば、あの日から2ヶ月が経とうとしている。

あの日とは、屋島の山の中でバイクですっころんだ日のことだ。

その日僕は、バイク乗りが山でやってはならない「谷側に足をつく」

ということをやってしまい見事にズッコケたのだ。

そしてそんなときに限って、プロテクターは荷台にくくりつけたままだった(←アホ)


僕は4.28を忘れない。


あれからというものバイクに乗るときには、

たとえ近場でも必ずプロテクターをつけるようにしている。

肘当て、膝当てそしてブーツ。

とても大げさだ。

この格好で町を走っていると、

そこかしこから

「どこ行くねーん!」

という突っ込みが聞こえてくる。


ような気がする。


ところで、

あれから2ヶ月も経つのに僕の右肘は、まだ不安定だ。

医者へは結局行ってないので、僕の肘がいったいどうなっているのかわからない。

まぁとりあえずの日常生活に支障はない。

バイクも乗れるし、カヌーも漕ぐことができる。


し、しかしだ、物を投げることができないのだ。

迂闊に何か投げようものなら、

カッキーーーーン

と肘に鈍痛が走り、

しばらく動かせない。



残念ながら甲子園行きは断念せざるを得ないだろう。

……ごめんよ南。

みなみ

こうしてまたひとつ夏が終わった。

広告を非表示にする