読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モミアゲ

俺がヘアースタイルを丸坊主にしだしてから約6年が経つ。

18年前に酷い目にあってから、理容室に行くのには抵抗があった。かと言って美容室に行くのにもだんだんと面倒臭さが募り、ここんところは自宅で丸刈りにしていたのだ。生まれながらにしてモミアゲの薄い俺にとって、モミアゲはとても大事な存在だ。しかし、田舎町の理容室の店員さんたちには、そんなモミアゲへの熱い思いが伝わらない。(ハイここらへんからしばらく、お得意の偏見が入りまーす。)

だいたい、あいつらときたら客への応対も雑だ。カット中に首の向きを変えるときにも、グイッといきなり向きを変えてくる。
















なんなら頭、鷲掴みだ。





そうそう……

「ヒゲはどうなさいますか?」

とは聞いてくれても

「モミアゲはどうなさいますか?」

とは聞いてくれない。



さて、これだけ嫌っていた理容室だが、最近は家でバリカン刈りするのもだんだん面倒くさくなってきた。(どないやねんっ!)なによりも仕上がりが全然違うし、顔剃りとシャンプー付きで、なんとたったの1200円ポッキリの店を見つけたのだ。






まぁ覚悟はしていたが、面倒くさい。

過去のトラウマから、

「モミアゲ残しといてください。」

と言わずにいれないのだ。しかも丸刈り係と顔剃り係とそれぞれ担当が違うので、二人ともに言う必要があるのだ。

「うっとおしいなこいつ。」

と思われてるかもしれないが、言わずに後悔するよりも、言って後悔するほうがマシだ。(←愛されるよりも愛したいマジで……と言うときの力強さで!)

一回の散髪に最低ニ度、

「モミアゲ残しといてください。」

と、言わなければならないということはだね。俺は死ぬまでにあと何回、

「モミアゲ残しといてください。」

と言わなければならないのだろうか?

80歳まで生きるとして(丸坊主はすぐに伸びてくるので)2週間に一度理容室へ行くんだよね。一度の丸刈りに2回言うとするとだね……




52回/年×39年=2,028回!!??




お、俺は死ぬまでにあと2,028回も

「モミアゲ残しといてください。」

と言わなければならないというのか?







ていうか、死ぬまでずっと丸坊主なのか俺っ??








ここまで読んでくださった方の中には、

「そんなの店員さんがすぐに覚えてくれるじゃん?」

とか

「『いつものやつ。』だけで通じるのではないの?」

とお思いの方もおられるかもしれませんが、俺が行ってる理容室には、常時6人以上の店員さんが働いていて、入れ替わり立ち替わり俺に丸刈りを施してくれるのだ。いったいどこの店員さんが俺のような、そこいらによくある平凡な顔を覚えてくれるというのだろうか?ありのままのモミアゲを決して店員さんは受け入れてくれない。(←愛のままにワガママに僕は君だけを傷つけない……と言うときの包容力で!)











今日も仕事帰りに理容室へ行ったのだが、もうひとつ重大な事実に気がつき愕然とした。














「ドライヤーはいいですから。」










と俺は死ぬまでに、あと1,014回も言わなければならないのだ。

















丸刈りにしたあとのドライヤーはいらんやろ。














熱いねん。





※18年前に、理容室で酷い目にあったときの詳細についてはこちらへ

↓↓↓

男が丸坊主になる7〜8つの理由

広告を非表示にする